ホーム > 【あ行】 > 匕首に鍔(あいくちにつば)

▶ 匕首に鍔(あいくちにつば)

《スポンサードリンク》

▼[匕首に鍔]の意味はコチラ

  • 意 味: 不釣合いなこと、不調和のもののたとえ。
  • 読 み: あいくちにつば
  • 解 説: 匕首に鍔があったら、格好がつかないことから転じたことわざ。「匕首」は、鍔のない短刀のこと。「七首」は、「合口」とも書く。「合口に鍔」
  • 出 典: 
  • 英 語: 
  • 類義語: 匕首に鍔を打ったよう/小刀に鍔/小刀に金鍔を打ったよう/木綿布子に紅絹の裏
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 匕首に鍔(あいくちにつば)