ホーム > 【あ行】 > 居候の三杯目(いそうろうのさんばいめ)

▶ 居候の三杯目(いそうろうのさんばいめ)

《スポンサードリンク》

▼[居候の三杯目]の意味はコチラ

  • 意 味: 居候は、世話になっているために食事の時も遠慮しがちになるということから、すべてのことにおいて遠慮がちなこと。
  • 読 み: いそうろうのさんばいめ
  • 解 説: 
  • 出 典: 「居候、三杯目にはそっと出し」の川柳から。
  • 英 語: The dependent is timid.
  • 類義語: 居候の三杯目にはそっと出し
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 居候の三杯目(いそうろうのさんばいめ)