ホーム > 【な行】 > 二百二十日の荒れじまい(にひゃくはつかのあれじまい)

▶ 二百二十日の荒れじまい(にひゃくはつかのあれじまい)

《スポンサードリンク》

  • 意 味:  立春から数えて二百二十日目の九月十一日ごろになると、台風が襲ってくる恐れも少なくなるということ。

 




《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【な行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【な行】 > 二百二十日の荒れじまい(にひゃくはつかのあれじまい)