ホーム > 【ら行】 > 六十の手習い(ろくじゅうのてならい)

▶ 六十の手習い(ろくじゅうのてならい)

《スポンサードリンク》

  • 意 味:六十歳になって習い事を始めること。年をとってから勉強やけいこ事を始めること。
  • 読 み:ろくじゅうのてならい
  • 解 説: 
  • 出 典:『親仁形気』
  • 英 語:It is never too late to learn.
  • 類義語:
    ・老いの学問
    ・七十の手習い
    八十の手習い
    ・老いの手習い
  • 対義語:



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【ら行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【ら行】 > 六十の手習い(ろくじゅうのてならい)