【奈良県】の県民性を連想させる四字熟語3つ

《スポンサードリンク》
 

▼奈良県民を四字熟語で表すと…

【奈良県】の県民性を四字熟語3つで表してみた!

悠々閑適(ゆうゆうかんてき)

周囲の喧噪にまどわされることなく、ゆったりと、心静かに暮らすことを「悠々閑適」といいます。

奈良県民は、近県の人々にくらべて、ゆったり、マイペースな性格が強いと言われます。奈良といえば鹿。人の生活圏内で、穏やかに、自由気ままに暮らす野生の鹿の姿は、その鹿たちを愛護し、長く見守り続けている奈良県民の心ばえに通じるものがあるようです。

堅苦卓絶(けんくたくぜつ)

強い忍耐力、逆境に耐え抜く精神力を持つことを「堅苦卓絶」といいます。

奈良県民は、ゆったりスローモーだと言われますが、逆境にあっては心折れることのない強靱さ、独特の粘り強さを発揮すると言われます。マイペースで柔軟な精神が、苦境にあっても思い詰めて消耗してしまわないという、大いなる強みになっているのではないでしょうか。

千古不磨(せんこふま)

卓越した功績などが、未来永劫忘れ去られることなく伝承されていくことを「千古不磨」といいます。

日本という国のはじまりの地であるとされる、奈良に住む人々の暮らしのなかには、古代日本の豊かな文化のなごりが多く残っています。日常に溶け込んでいる食文化一つとっても、すぐれたものは枚挙にいとまがありません。奈良県民はあまりそのことに頓着しない傾向があるようですが、千古不磨の文化を自然に受け継いで暮らしていることは、計り知れない強みであり、魅力ともなっています。


▶ 奈良県出身の著名人はこんな人

司馬遼太郎 / 井筒和幸 / 加護亜依 / 堂本剛 / 西川のりお / 三戸なつめ ほか

▶ ほかの関西地方をみてみる

  • 滋賀県 (堅実で貯蓄好きの商売上手な近江商人)
  • 京都府 (プライド日本一。本音と建前使い分け)
  • 大阪府 (DNAに宿るお笑い精神。コスパ重視)
  • 兵庫県 (雑多な県民性と県民意識の希薄さ)
  • 奈良県 (他の関西圏気にするも至ってスローモー)
  • 和歌山県 (おおらかだが、倹約家で見栄っ張り)
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう