【2019年版】書き初め四字熟語で新年の抱負目標を!小学生・中学生など人気順一覧まとめ

《スポンサードリンク》
 

書き初め四字熟語2019一覧

kakizome_title

※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

▼小学生向け四字熟語 [一覧]

【有言実行】ゆうげんじっこう
言ったことは必ず実行すること。新しい年こそ、成しとげたいものです。

【元気溌剌】げんきはつらつ
元気いっぱいで爽快な様子。一年を通して元気に過ごしましょう。

【七転八起】しちてんはっき
何度たおされてもその度に這い上がってくること。来年も諦めずに!

【勇気凛々】ゆうきりんりん
勇ましい様子が表にあらわれていること。

【一期一会】いちごいちえ
人との出会いは人生で一度きり。だからこそ出会いを大事に。

【一生懸命】いっしょうけんめい
自分の力を目一杯発揮するために努力すること。

【試行錯誤】しこうさくご
トライアンドエラー、失敗を恐れずに何度もくりかえし試してみること。

【大器晩成】たいきばんせい
大きくなってから成功するものだという考え方。

【一致団結】いっちだんけつ
ある目的に向かって、複数のメンバーが一体となること。

【誠心誠意】せいしんせいい
誠の心(まごころ)で相手に正直に接すること。

▼中学生向け四字熟語 [一覧]

【切磋琢磨】せっさたくま
友人や同僚がお互いに励まし合って、学問・技芸・徳行などを鍛練する意。

【真実一路】しんじついちろ
一筋に真実を求めて生きていくこと。ひたすらにおのれの真実を尽くすこと。

【緊褌一番】きんこんいちばん
気持ちを引き締め、覚悟を決めてとりかかること。大勝負の前の心構え。

【和衷協同】わちゅうきょうどう
心を同じくして共に力を合わせ、仕事や作業に当たること。

【博学審問】はくがくしんもん
広く学んで詳しく問いただし、学問の道を究めること。

【文武両道】ぶんぶりょうどう
学問と武道の両方にすぐれていること。

【堅忍不抜】けんにんふばつ
意志が堅く、つらいことでもじっと耐え忍んで心を動かさないこと。

【勇往邁進】ゆうおうまいしん
困難をものともしないで、ひたすら突き進むこと。

【不撓不屈】ふとうふくつ
どんな困難に出会ってもけっして心がくじけないこと。

【猪突猛進】ちょとつもうしん
周囲の人のことや状況を考えずに、猪のように激しい勢いで突進する。

▼高校生向け四字熟語 [一覧]

【初志貫徹】しょしかんてつ
初めに思い立った願望や志をくじけずに最後まで貫き通すこと。

【心身一如】しんしんいちにょ
心身の充実。精神と肉体が一体になること。物事に向かって集中している様子。

【進取果敢】しんしゅかかん
自ら進んで物事に取り組み、決断力に優れていること。

【因果応報】いんがおうほう
よい行いをした人には良い報い、悪い行いをした人には悪い報いがある。

【協心戮力】きょうしんりくりょく
心も力も一つに合わせるということ。

【明朗快活】めいろうかいかつ
明るくほがらかで、はきはきとして元気がよいこと。

【温厚質実】おんこうしつじつ
穏やかで優しく、飾り気がなくて誠実なこと。

【有為転変】ういてんぺん
世の中のすべてのものが絶えず変化して、しばらくの間も同じ状態にとどまることがないこと。

【青雲之志】せいうんのこころざし
若者の立身出世を願う功名心。立身出世をしようとする志。偉くなろうとする望み。

【局面打開】きょくめんだかい
行き詰った状態や困難な状況を切り開いて、新しい方向を見い出すこと。

▼成人向け四字熟語 [一覧]

【臥薪嘗胆】がしんしょうたん
成功を期待して苦労に耐えること。

【人生朝露】じんせいちょうろ
人の一生は、日が出るとすぐに消えてしまう朝露のようにはかないということ。

【知足安分】ちそくあんぶん
高望みをせず、自分の境遇に満足すること。

【敬天愛人】けいてんあいじん
天を敬い人を愛すること。

【水滴穿石】みずしたたりていしをうがつ
力が足りなくても根気よく続ければ、しまいに目的をはたすことができるということのたとえ。

【愚公移山】ぐこういざん
怠らず努力すれば大きな事業も成就するというたとえ。

【一言芳恩】いちごんほうおん
ひとこと声をかけてもらったことを忘れずに感謝すること。

【知行合一】ちこうごういつ
真に知ることは必ず実行を伴う。知と行とは表裏一体で別のものではないこと。

【思慮分別】しりょふんべつ
物事の道理をわきまえ、深く考えて識別し判断を下すこと。

【色即是空】しきそくぜくう
万物はいろいろの形を備えているが、すべては現象であって、永劫不変の実体などというものはなく、本質は空である。

▼受験生向け四字熟語 [一覧]

【積土成山】せきどせいざん
人も努力を積み重ねていけば、やがて大成することのたとえ。

【精神一到】せいしんいっとう
精神を集中して努力すれば、どんなことでもできないことはない。

【精励恪勤】せいれいかっきん
仕事に力を尽くし、怠らないこと。精力を傾注して励むようす。

【一念通天】いちねんつうてん
一心に取り組むことで、努力は必ず天に聞き届けられ、物事を成し遂げることができる。

【奮励努力】ふんれいどりょく
目標に向かって気を奮い起こし、つとめ励むこと。

【積小為大】せきしょういだい
「小を積みて大と為す」という二宮金次郎の言葉。なにごともコツコツと積み上げることで大きな成果につながる。

【蛍窓雪案】けいそうせつあん
苦労して学問に励むことのたとえ。

【右文左武】ゆうぶんさぶ
文武の両道を兼ね備えること。

【苦学力行】くがくりっこう
働いて学資を得ながら、苦労努力して学問に励むこと。

【粉骨砕身】ふんこつさいしん
力の限り努力すること。非常に苦労して働くこと。

※おまけ:ウケ狙い四字熟語 [一覧]

【五郎丸歩】ごろうまるあゆむ
【黄金伝説】おうごんでんせつ
【阪神優勝】はんしんゆうしょう
【腹八分目】はらはちぶんめ
【橋本環奈】はしもとかんな
【板尾創路】いたおいつじ
【焼肉定食】やきにくていしょく
【巨人優勝】きょじんゆうしょう
【人馬一体】じんばいったい
【直行直帰】ちょっこうちょっき

[2019年] 関連リンク

《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう