【博学審問】はくがくしんもん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[博学審問]の意味です

  • 意 味:広く学んで詳しく問いただし、学問の道を究めること。広く学んで知識を広め、細かに詳しく疑問を起こし問うこと。
  • 由来 / 語源:儒教、特に朱子学でいう学問の道程で、学ぶ、問う、思う、弁ずる、行うの「学ぶ、問う」に当たる。「博」は広い意。「審問」は詳しく調べて尋ねる意。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:『中庸ちゅうよう』二〇章。「博ひろく之これを学び、審つまびらかに之を問い、慎つつしみて之を思い、明らかに之を弁じ、篤あつく之を行う」
  • 使い方 / 例文:彼は若い頃から博学審問を続ける、非常に優秀で勤勉な研究者です。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう