【愛媛県】の県民性を連想させる四字熟語3つ

《スポンサードリンク》
 

▼愛媛県民を四字熟語で表すと…

【愛媛県】の県民性を四字熟語3つで表してみた!

優游涵泳(ゆうゆうかんえい)

心身にゆったりとした余裕を持って、学問や芸術を深く味わい、楽しむことを「優游涵泳」といいます。

愛媛県民は、文化・芸術に対する高い意識を持っています。正岡子規をはじめとした多くの俳人、ノーベル賞作家の大江健三郎の生まれた地であることが、一層、優游涵泳の意識を高めているようです。

和気香風(かきこうふう)

のどかな気候の折に、どこからともなくよい香りが漂ってくるようなさまを「和気香風」といいます。

温暖で晴れの日の多い愛媛県に住む人々は、和気香風な気候の影響もあってか、陽気で温和なタイプが多いです。男性も女性も、おおらかで、楽天的、かつ落ち着きもあるため、安定した人間関係を作りやすいと言えます。

漱石枕流(そうせきちんりゅう)

自分の間違いや勘違いを指摘されて気づいても、意地を張って修正しようとしないような、偏屈な態度のことを「漱石枕流」といいます。夏目漱石の筆名の由来となったことで、有名な四字熟語です。

愛媛県民は、おおらかでのんびりしたタイプが多いですが、若干、見栄っ張りなところもあります。しかも、他からいろいろ論評されても、自分のやりかた、ありかたを、なかなか変えようとしない傾向があります。良くも悪くもマイペースということになりますが、他県民から見ると、いささか偏屈な性格と受け止められることもあるようです。


▶ 愛媛県出身の著名人はこんな人

伊丹十三 / 大江健三郎 / 高浜虚子 / 正岡子規 / 叶美香 / 藤岡弘 / 眞鍋かをり ほか

▶ ほかの四国地方をみる

  • 徳島県 (ケチで疑い深い。大阪商人の気質も)
  • 香川県 (利己的で要領良し。子どもへの教育熱心)
  • 愛媛県 (3地方で異なる性格だがのんびり屋)
  • 高知県 (酒席が好き。男性強情、女性おてんば)
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう