【博学能文】はくがくのうぶん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[博学能文]の意味です

  • 意 味:知識が豊富で、文章を作るのがうまいこと。
  • 由来 / 語源:「博学」は、広く学問に通じていて、多くの事を知っていること。「能文」は、文章を書く才能があること。
  • 使い方 / 例文:奇書を歴覧し、水経注四十巻を撰すとある通り、博学能文の人であった。(寺田露伴『太公望』)
  • 類義語:
    該博深遠(がいはくしんえん)
    広才博識(こうさいはくしき)
    才学博通(さいがくはくつう)
    博学偉才(はくがくいさい)
    博学広才(はくがくこうさい)
    博学才頴(はくがくさいえい)
    博学卓識(はくがくたくしき)
    博識多才(はくしきたさい)
    博学多識(はくがくたしき)
    博学能文(はくがくのうぶん)
    博識多才(はくしきたさい)
    博聞強記(はくぶんきょうき)
    博覧強記(はくらんきょうき)
    博覧多識(はくらんたしき)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう