【博学卓識】はくがくたくしき

《スポンサードリンク》
 

▼これが[博学卓識]の意味です

  • 意 味:広く学問に通じていて、優れた見識のあること。
  • 由来 / 語源:「博学」は、広く学問に通じていて、多くの事を知っていること。「卓識」は、すぐれた判断力や考え。
  • 使い方 / 例文:
    ① 大学で准教授をしている叔父は博学卓識で、親戚の中でも一目置かれている。
    ② 試しに想へ今の文壇誰か学海居士を推して博学卓識の文人とせざらん。(坪内逍遥『小説三派』)
  • 類義語:
    該博深遠(がいはくしんえん)
    広才博識(こうさいはくしき)
    才学博通(さいがくはくつう)
    博学偉才(さいがくいさい)
    博学広才(はくがくこうさい)
    博学才頴(はくがくさいえい)
    博学多才(はくがくたさい)
    博学多識(はくがくたしき)
    博学能文(はくがくのうぶん)
    博識多才(はくしきたさい)
    博聞強記(はくぶんきょうき)
    博覧強記(はくらんきょうき)
    博覧多識(はくらんたしき)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう