【石川県】の県民性を連想させる四字熟語3つ

《スポンサードリンク》
 

▼石川県民を四字熟語で表すと…

【石川県】の県民性を四字熟語3つで表してみた!

文人墨客(ぶんじんぼっかく)

書画などの創作に携わる芸術家のことを、文人墨客といいます。

石川県には九谷焼や加賀友禅など、有名な伝統工芸が多く存在し、作家や画家もたくさん生まれています。古くから芸術が盛んであるためか、ファッションや文化活動に関心の高い県民が多く、洗練されたものが好まれる傾向があります。

雲煙模糊(うんえんもこ)

雲や霞が立ちこめていて、はっきりしない様子のことを、雲煙模糊といいます。

石川県民は、自分の気持ちや意見をはっきりと言葉にしないタイプが多いようです。決して考えがないわけではなく、見識も広いのですが、自己主張よりも、その場の調和を重んじて、事を荒立てないことを優先するからかもしれません。そのため、いささかわかりにくい、決断力に欠けるといった見方をされてしまうことも。

優柔不断(ゆうじゅうふだん)

ものごとを決めるのに時間がかかり、どっちつかずの状態を続けがちなことを、優柔不断といいます。

平和を愛する石川県民の穏やかな性格は、ともすると、優柔不断と見られることもあるようです。新しく行動を起こすことを好まず、革新、革命的な発想の物事からは、距離を置きたがります。


▶ 石川県出身の著名人はこんな人

森喜朗 / 中田ヤスタカ / 田中美里 / 泉鏡花 / 輪島大士 ほか

▶ ほかの北陸地方をみてみる

  • 富山県 (勤勉、貯蓄、持ち家購入がステータス)
  • 石川県 (優柔不断だがコツコツ真面目)
  • 福井県 (日本一の幸福度、商才と効率重視)
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう