【一牛鳴地】いちぎゅうめいち

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一牛鳴地]の意味です

  • 意 味:一頭の牛の鳴き声が聞こえるほどの近い距離。または、のどかな田舎、田園風景のこと。
  • 由来 / 語源:「牛鳴」とは牛の鳴く声のことで、牛の鳴き声が聞こえるほど近い距離という意から。「一牛鳴」とも略す言葉。「いちごみょうち」とも読む。
  • 出 典:王維
  • 英 訳:
  • 使い方 / 例文かつての仲間たちは、一牛鳴地の範囲内で活動している。
  • 類義語:
    一牛吼地(いちぎゅうこうち)
    一衣帯水(いちいたいすい)
  • 対義語: 
  • 漢検出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:うる星やつら
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう