【意馬心猿】いばしんえん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[意馬心猿]の意味です

  • 意 味:心が煩悩や欲情などに乱されて、心中の鎮まらないこと。
  • 由来 / 語源仏教語の一つ。暴れる馬や野猿は制することが難しいという意から。仏教語で、「意」は、心。「心猿意馬(しんえんいば)」ともいう。「意馬」は馬が興奮して暴れまわるように、気持ちが落ち着かないこと。「心猿」は激しく騒ぐ猿ように、気持ちが落ち着かないこと。
  • 出 典:
  • 訳:it is hard to keep one’s worldly desires and passions in check
  • 使い方 / 例文我々のような凡人は、なかなか意馬心猿から逃れられない。
  • 類義語:
    百八煩悩(ひゃくはちぼんのう)
    煩悩具足(ぼんのうぐそく)
  • 対義語:
    明鏡止水(めいきょうしすい)
  • 漢字検定出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう