【漸入佳境】ぜんにゅうかきょう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[漸入佳境]の意味です

  • 意 味:話や状況などがだんだん興味深い部分にさしかかってくること。
  • 由来 / 語源:「漸入」はだんだんその段階に入っていくこと。「佳境」はよい境地、最も興味深くおもしろいところ。一般に「漸ようやく佳境かきょうに入いる」と訓読を用いる。
  • 【故事】晋しんの有名な画家顧愷之こがいしは、甘蔗かんしょさとうきびを食べるときには、まずい先のほうから食べていた。これを不思議に思ったある人が、その理由を聞くと、「だんだん佳境に入る」と答えたという故事から。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典: 『晋書』顧愷之伝(こがいしでん)
  • 使い方 / 例文谷崎潤一郎の『細雪』は、漸入佳境の物語である。
  • 類義語: 漸至佳境(ぜんしかきょう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:美味しんぼ
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう