ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》世阿弥から連想する3つの四字熟語

▶ 《連想四字熟語》世阿弥から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》

▼これが世阿弥から連想する四字熟語です

《連想四字熟語|偉人編》世阿弥から連想する3つの四字熟語

※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

幽趣佳境(ゆうしゅかきょう)

奥深く、味わい深い境地のことを、「幽趣佳境」といいます。

室町時代の猿楽師であった世阿弥は、父親の観阿弥とともに、将軍の足利義満の庇護をうけ、当時の文化人に尊ばれていた「幽玄」という美意識を、自らの芸のなかで深めていきました。

千古不磨(せんこふま)

価値の高い伝統や芸術作品、功績などが、長い歳月を経て後世に伝わることを、「千古不磨」といいます。

観阿弥、世阿弥親子は、当時としては革新的な猿楽の芸を生み出したことによって、時の権力者に見いだされて、一世を風靡しますが、世阿弥の存命中に迫害を受ける流れとなり、数多く残した著作も、長い間、ほとんど日の目を見ることがありませんでした。けれども明治時代に入ってから、著書が一気に出版されたことを切っ掛けに、研究が進み、その美学的な価値の高さが再認識されることとなりました。まさに「千古不磨」の芸術であると言えるでしょう。

被髪佯狂(ひはつようきょう)

神を振り乱し、正気を失ったように見せることを、「被髪佯狂」といいます。

世阿弥は、著作「風姿花伝」のなかで、様々な人物を演じることについて、論じていますが、なかでも「物狂(ものぐるい)」について、能の最も面白く、奥深いところであるとしています。誰が、どのような理由で、どんな物に取り憑かれることによって、物狂いとなっているのか、その「被髪佯狂」となる理由をよく分析して演じるべきであると書かれていて、当時の演劇や、美意識など理解する上で、興味深い文章となっています。

[推薦本] 世阿弥の世界への新しい切り口



四字熟語人気ランキング

《スポンサードリンク》


【2017年の座右の銘】にしたい四字熟語を30個集めてみた
ケンミン四字熟語《公式》|47都道府県の県民性を四字熟語で表してみた
【漢検】に出る四字熟語1〜5級 [一覧]

▼カテゴリ別 四字熟語

  • 不撓不屈(ふとうふくつ)
  • 七転八起(しちてんはっき)
  • 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

  • 率先垂範(そっせんすいはん)
  • 有言実行(ゆうげんじっこう)
  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん)

  • 前途洋々(ぜんとようよう)
  • 先見之明(せんけんのめい)
  • 青雲之志(せいうんのこころざし)

  • 有終之美(ゆうしゅうのび)
  • 心願成就(しんがんじょうじゅ)
  • 盛徳大業(せいとくたいぎょう)

  • 大器晩成(たいきばんせい)
  • 大願成就(たいがんじょうじゅ)
  • 名聞利益(みょうもんりやく)
  • 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  • 無我夢中(むがむちゅう)

  • 乾坤一擲(けんこんいってき)
  • 背水之陣(はいすいのじん)
  • 百折不撓(ひゃくせつふとう)

  • 一念発起(いちねんほっき)
  • 初志貫徹(しょしかんてつ)
  • 即断即決(そくだんそっけつ)

  • 孟母三遷(もうぼさんせん)
  • 文武両道(ぶんぶりょうどう)
  • 刻苦勉励(こっくべんれい)

  • 百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
  • 全力投球(ぜんりょくとうきゅう)
  • 疾風迅雷(しっぷうじんらい)

  • 一意専心(いちいせんしん)
  • 意志堅固(いしけんご)
  • 堅忍不抜(けんにんふばつ)

  • 一宿一飯(いっしゅくいっぱん)
  • 恐悦至極(きょうえつしごく)
  • 報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

  • 一心不乱(いっしんふらん)
  • 発憤忘食(はっぷんぼうしょく)
  • 大死一番(だいしいちばん)

  • 無病息災(むびょうそくさい)
  • 一心一如(いっしんいちにょ)
  • 君子万年(くんしばんねん)

  • 切磋琢磨(せっさたくま)
  • 相乗効果(そうじょうこうか)
  • 二人三脚(ににんさんきゃく)

  • 《スポンサードリンク》



    ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》世阿弥から連想する3つの四字熟語