【衣繍夜行】いしゅうやこう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[衣繍夜行]の意味です

  • 意 味:立派な錦の着物を着て、夜道を行くこと。せっかく立身出世したり、成功したりしても、人に知ってもらえないたとえ。また、美点やすばらしさを誰にもわかってもらえず、不満なことのたとえ。
  • 由来 / 語源暗い夜に錦の着物を着て歩いても、誰にも気づいてもらえないことから。漢文訓読では、「繍を衣(き)て夜行く」と読む。
  • 【故事】中国の秦王朝は、楚の項羽によって滅ぼされた。その時、項羽の部下は、秦の都咸陽があった関中の地に都を置いて天下に覇を唱えるべきであると進言したが、それに対して項羽が「富貴にして故郷に帰らざるは、繍を衣て夜行くがごとし」と答えた故事による。
  • 出 典:『史記』「項羽伝」
  • 使い方 / 例文崇拝者たちを遠ざけた衣繍夜行では、成功者となった甲斐がないと、彼は思った。
  • 類義語:
    衣錦夜行(いきんやこう)
    夜行被繍(やこうひしゅう)
  • 対義語:
    衣錦還郷(いきんかんきょう)
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう