【隔岸観火】かくがんかんか

《スポンサードリンク》
 

▼これが[隔岸観火]の意味です

  • 意 味:他人の災難に対して手を貸して救おうとせず、ただ見物や傍観していること。
  • 由来 / 語源岸を隔てて対岸の火事を見る意から。 「隔岸」は川の向こう岸のこと。 「観火」は火事を見ること。 「対岸の火事」と同じ意味の言葉。 元は兵法三十六計の一つで、内乱などで敵が自滅するのと黙って待つ戦術のことをいう。 「岸を隔てて火を観る」とも読む。
  • 英 訳: 
  • 出 典: 
  • 使い方 / 例文例:助け出す方法がないからと隔岸観火を決め込んでいるようでは、自分が同じ苦しみに見舞われたときに、誰も助けにこないだろう。
  • 類義語:
    拱手傍観(きょうしゅぼうかん)
    袖手傍観(しゅうしゅぼうかん)
    対岸火災(たいがんのかさい)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう