【下学上達】かがくじょうたつ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[下学上達]の意味です

  • 意 味:手近な日常生活から現実的で切実な人の道を学び、次第に高邁な哲理や真理に達するという孔子の言葉。
  • 由来 / 語源『論語』に由来。訓読では「下学して上達す」と読む。「下学」はごく普通にある簡単なことを学ぶこと。「下学して上達す」とも読む。
  • 出 典:『論語』
  • 使い方 / 例文
    ① いきなり宇宙の真理を解こうとは思わず、下学上達して自分を高める事から始めなさい、と先生はおっしゃった。
    ② ありふれた家事や育児であっても、真剣に向き合えば、下学上達して大きな真理に気づかされることもある。
  • 類義語:下学之功(かがくのこう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう