【禍福倚伏】かふくいふく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[禍福倚伏]の意味です

  • 意 味:災いと福が表裏一体となって交互に出現することの例え。
  • 由来 / 語源中国の偉大な思想家「老子」に由来。災いには幸せが寄り添っていて、幸せには災いが潜んでいるという意味から。「禍福」は、災難と幸福。不運と幸運。
  • 出 典:『老子』
  • 使い方 / 例文念願の車を買ったら事故を起こして入院したが、病棟で知り合った女性と恋愛結婚することになったのは、まさに禍福倚伏というべきか。
  • 類義語:
    禍福糾縄(かふくきゅうじょう)
    禍福相倚(かふくそうい)
    禍福相貫(かふくそうかん)
    禍福之転(かふくのてん)
    塞翁之馬(さいおうのうま)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=