【五里霧中】ごりむちゅう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[五里霧中]の意味です

  • 意 味:霧が深くて方角がわからないように、物事の手がかりがつかめず困惑している状態のたとえ。
  • 由来 / 語源:【故事】 後漢の張楷(ちょうかい)が五里霧という仙術で五里四方の霧を起こしたという故事から。
  • 出 典:『後漢書』
  • 英訳 / 英語:totally at a loss; lose one’s bearings / in a maze; in a fog / all at sea; up in the air / mystified / bewildered
  • 使い方 / 例文:
    ① 五里霧中だったこの研究も、ようやく展望が開けてきた。
    ② 犯人の目撃証言が全くない事件では、どこにも手がかりがなく捜査の方針は五里霧中です。
    赤川次郎、夏目漱石、小林秀雄など使い方の実例を見る >
  • 類義語: 暗中模索(あんちゅうもさく)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆★★☆ 書く★★★
  • この四字熟語の連想キーワード:名探偵コナン
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう