【山紫水明】さんしすいめい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[山紫水明]の意味です

  • 意 味:山水(自然)の景色が清らかで美しいこと。日の光に照り映えて山は紫に流れる川は清らかに澄んで見えること。
  • 由来 / 語源:「山紫」は、山が日に映えて美しく紫色に見えること。「水明」は、川が清く透き通っていること。四季折々の自然の美しさをあらわすのに用いられる。
  • 英 訳:outstanding natural beauty
  • 使い方 / 例文:
    ① 蓼科は四季がはっきりしていて、山紫水明を味わうならうってつけの移住先です。
    ② 前は瀬戸内海、うしろは石槌山、山紫水明の場所です。(川口松太郎「新吾十番勝負」)
  • 類義語:
    高山流水(こうざんりゅうすい)
    山光水色(さんこうすいしょく)

    山容水態(さんようすいたい)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう