【草廬三顧】そうろさんこ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[草廬三顧]の意味です

  • 意 味:礼を尽くして人材を求めるたとえ。
  • 由来  / 語源:「草廬」は、草ぶきの庵。「三顧」は、三度訪問すること。
  • 【故事】中国の三国時代、劉備が諸葛亮が賢者であることを聞き、その草庵を三度も訪問して、出仕を請うた故事による。
  • 出 典:諸葛亮「前出師表」
  • 使い方 / 例文:彼はそれまで無名の学者だったが「首相自ら草廬三顧して内閣に迎え入れられた識者である。
  • 類義語:
    握髪吐哺(あくはつとほ)
    人材登用(じんざいとうよう)
    吐哺握髪(とほあくはつ)
    三顧之礼(さんこのれい)
    三徴七辟(さんちょうしちへき)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=