【大味必淡】たいみひったん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[大味必淡]の意味です

  • 意 味:本当においしい食べ物は味が淡白であることから、淡白なものこそ真にすぐれており、好まれるものだということ。
  • 由来 / 語源:濃厚な味は一時的に好まれても長続きはせず、淡白な味はいつまでも好まれるという意。「大味」はすぐれたよい味の意。「淡」はうすい、あっさりしている意。「大味たいみ、必かならず淡あわし」と訓読する。
  • 英 訳: 
  • 出 典:『漢書(かんじょ)』揚雄伝(ようゆうでん)
  • 使い方 / 例文:三つ星シェフの作るスープはまさに大味必淡の逸品である。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:千葉県
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=