【兎走烏飛】とそううひ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[兎走烏飛]の意味です

  • 意 味:歳月のあわただしく過ぎ去るたとえ。月日の速く過ぎるたとえ。
  • 由来 / 語源:「烏」は日(太陽)、「兎」は月を意味し、転じて、月日・歳月のたとえ。太陽に三本足のからすがすみ、月にうさぎがすむという中国古代の伝説による。「烏飛兎走うひとそう」ともいう。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:荘南傑(そうなんけつ)「傷歌行(しょうかこう)」
  • 使い方 / 例文:兎走鳥飛の日々を過ごし、気づけばいっそう老けきっていた。
  • 類義語:
    烏兎匆匆(うとそうそう)
    露往霜来(ろおうそうらい)
  • 対義語: 
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう