【烏兔怱怱】うとそうそう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[烏兔怱怱]の意味です

  • 意 味:月日が流れるのは早いということ。「烏兎怱々」
  • 由来 / 語源「烏兎」はカラスとウサギ。中国では太陽の中にカラスが、月の中にウサギの形があるとしたので、烏兎で太陽と月、つまり月日の意となる。「怱怱」はあわただしいさま。「烏兔匆匆」「烏兎怱怱」とも書く。
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文古人は烏兎匆々と言った。月日のたつのが早いことを嘆じたのである。(山本夏彦『変痴気論』)
  • 類義語:
    烏飛兎走(うひととそう)
    兎走烏飛(とそううひ)
    露往霜来(ろおうそうらい)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう