【普天率土】ふてんそつど

《スポンサードリンク》
 

▼これが[普天率土]の意味です

  • 意 味:天の覆う限り、地の続く限りのすべての地。天下至る所。
  • 由来 /語源:「ふてんりつど」と読むのは誤り。「普」は大の意。また、あまねくの意。「率土」は人の従い行く所。土地から土地へと続くこと。「率」は「循」の意。「普天の下もと、率土の浜ひん」の略。「率土」は「そっと」とも読む。また、「普」は「敷」「溥」とも書く。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:『詩経』小雅北山
  • 使い方 / 例文:士族と平民との名義上の区別は置けども、普天率土同一なる義務と同一なる権利とを享有し… (北村透谷「明治文学管見」)
  • 類義語:率土之浜(そっとのひん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:釣りキチ三平
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう