【飽経風霜】ほうけいふうそう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[飽経風霜]の意味です

  • 意 味:厳しい世の中の苦労を味わい尽くして、世渡り上手で、したたかなこと。
  • 由来 / 語源:「飽経」は飽きるほど経験する意。「風霜」は厳しいもの、困難や苦労のたとえ。「風霜ふうそうを飽経ほうけいす」と訓読する。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典: 
  • 使い方 / 例文:数々の修羅場をくぐったという老人の背中には飽経風霜の風格が漂っていた。
  • 類義語:
    海千山千(うみせんやません)
    千軍万馬(せんぐんばんば)
    千兵万馬(せんぺいばんば)
    百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう