【漫語放言】まんごほうげん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[漫語放言]の意味です

  • 意 味:深く考えず、言いたい放題にいうこと。また、そのことば。
  • 由来 / 語源:「漫語」は、とりとめのないことば。深く考えずにいうことば。「放言」は、言いたい放題に言うこと。無責任なことば。
  • 出 典: 
  • 使い方 / 例文:
    ① 彼の面白可笑しい漫語放言の中には時折ずばりと本質を突いていることがあるので侮れない。
    ② またこれを青くすれば世界中日本領になるだろうというような調子で、漫語放言、迚も寄り付かれない。(福沢諭吉「福翁自伝」)
  • 類義語:
    虚誕妄説(きょたんもうせつ)
    造言飛語(ぞうげんひご)
    飛語巷説(ひごこうせつ)
    妄言綺語(もうげんきご)
    妄誕無稽(もうたんむけい)
    流言飛語(りゅうげんひご)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=

       
       



[2022年_令和4年] 関連リンク

2022年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2022年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2022年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2022年の《人生運》を四字熟語で占おう