【妄言綺語】もうげんきご

《スポンサードリンク》
 

▼これが[妄言綺語]の意味です

  • 意 味:仏教で、でたらめのことを言って、嘘をつくこと。また、そのことば。
  • 由来 / 語源:仏教語の一つ。「妄言」は、仏教の十悪の一つ。でたらめのことをいうこと。偽り。また、みだらなことば。「綺語」は、仏教の十悪の一つ。巧みに偽り飾ったことば。「ぼうげんきご」とも読む。
  • 出 典:『無量寿経』
  • 使い方 / 例文:唯願うらくはかの如来大慈大悲我が小願の中に於いて大神力を現じ給い妄言綺語の淤泥を化して光明顕色の浄瑠璃となし、(宮沢賢治『二十六夜』)
  • 類義語:
    虚誕妄説(きょたんもうせつ)
    造言飛語(ぞうげんひご)
    飛語巷説(ひごこうせつ)
    漫語放言(まんごほうげん)
    妄誕無稽(もうたんむけい)
    流言飛語(りゅうげんひご)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう