【輪廻応報】りんねおうほう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[輪廻応報]の意味です

  • 意 味:生き物が次の世へと生まれ変わり続けても、それまでの行いの善悪に応じて禍福の報いを受けること。
  • 由来 / 語源「輪廻」は、生命ある全ての霊魂が、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六道に、転々と生を受け、永遠に迷い、苦しみの世界をめぐること。「応報」は、行為の善悪に対する報い。
  • 使い方 / 例文:忽ち輪廻応報して可愛い我が子を殺し、ああ悪い事をしたと悔悟して出家になるも、即ち即心即仏じゃ、(三遊亭円朝『真景累ヶ淵』)
  • 類義語:
    因果因縁(いんがいんねん)
    因果応報(いんがおうほう)
    因果覿面(いんがてきめん)
    応報覿面(おうほうてきめん)
    三世因果(さんぜいんが)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう