【三世因果】さんぜいんが

《スポンサードリンク》
 

▼これが[三世因果]の意味です

  • 意 味:仏教で、過去・現在・未来の三世にわたって、善悪の報いを受けるということ。
  • 由来 / 語源:仏教語の一つ。「三世」は、過去・現在・未来。「因果」は、悪行や善行が原因となって、それにふさわしい報いを受けること。「三世」を「さんぜ」と読むのは、仏教用語の慣用。
  • 出 典:
  • 使い方 / 例文:わが身の病(やまい)は、三世因果の報いなのだろうか。
  • 類義語:
    因果因縁(いんがいんねん)
    因果応報(いんがおうほう)
    因果覿面(いんがてきめん)
    応報覿面(おうほうてきめん)
    輪廻応報(りんねおうほう)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう