【竜闘虎争】りゅうとうこそう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[竜闘虎争]の意味です

  • 意 味:竜と虎とが相争うこと。互角の力をもった両雄が激しい戦いをすることのたとえ。
  • 由来 / 語源:「竜」「虎」は、力に優劣がなくて、互いに対立し合う英雄・豪傑のたとえ。「竜闘」も「虎争」も、両雄または群雄の激しい戦いのたとえ。「りょうとうこそう」とも読む。
  • 使い方 / 例文:四百年近くも過ぎて終わった竜闘虎争の余焔が今でもイキリ立とうというのだから(幸田露伴『武田信玄』)
  • 類義語:
    群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)
    竜攘虎搏(りゅうじょうこはく)

    竜騰虎闘(りゅうとうことう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう