【和光同塵】わこうどうじん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[和光同塵]の意味です

  • 意 味:賢人が自分の才智を目立たないようにして、俗世間と調子を合わせること。
  • 由来 / 語源:「和光」は光を和らげる。才知を隠すこと。「同塵」は俗世間に歩調を合わせること。「塵」は世俗のちり。訓読では「光を和らげ塵に同ず」と読む。
  • 出 典:『老子』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文:中国の偉大な思想家「老子」に由来。宗謙の和光同塵は意味がちがうらしい。非常にすぐれた者が市井の塵と同じ塵になって生きていくという老子の境地は宗謙にあっては逆で、そのことがくやしいという意味である。(司馬遼太郎「花神」)
  • 類義語:
    和光垂迹(わこうすいじゃく)
    内清外濁(ないせいがいだく)
    和光混俗(わこうこんぞく)
    晦迹韜光(かいせきとうこう)
    韜光晦迹(とうこうかいせき)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう