【開雲見日】かいうんけんじつ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[開雲見日]の意味です

  • 意 味:暗雲を吹き払って、再び光明や希望を見出すこと。疑惑や誤解が解けるたとえ。
  • 由来 / 語源「雲」は、暗雲。悪い状況、不安な状況のたとえ。「開雲」は日の光を遮る暗く厚い雲が晴れるということで、心配ごとがなくなることのたとえ。
    暗い雲が晴れて日の光がさすという意味から。「雲(くも)を開(ひら)きて日(ひ)を見(み)る」と訓読する。
  • 出 典:『後漢書』「袁紹伝」
  • 英 訳:
  • 使い方 / 例文
    ① 事件のあった早朝、たまたますれ違った新聞配達員がアリバイを証明してくれたおかげで、開雲見日、僕にかけられていた殺人容疑は晴れた。
    ② 彼は言われなき罪をかけられ投獄されたが、いつか開雲見日し潔白が証明される日まで支援していくつもりだ。
  • 類義語:
    撥雲見日(はつうんけんじつ)
    撥雲見天(はつうんけんてん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:北斗の拳
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=