【一期一会】いちごいちえ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一期一会]の意味です

  • 意 味:一生に一度の出会いのこと。また、そのことが生涯に一度限りであることを表し、人との出会いなどの機会を大切にすることのたとえ。
  • 由来 / 語源:「一期」は、人が生まれてから死ぬまでの間を意味する仏教語で、もともとは茶道の心得を説いた言葉だった(今日という日、そして今いる時というものは二度と再び訪れるものではない。そのことを肝に命じて茶会を行なうべきである)。「一会」は一度の会合や集会などの人の集まりのこと。もとは千利休の弟子の山上宗二が説いた茶人の心構え。

    たとえ同じ人、同じ場所で茶会を開いたとしても、同じものになることはなく、毎回生涯で一度だけのものなので、主人も客も誠意を尽くすべきであるというもの。

  • 出 典:『茶湯一会集』
  • 英 訳:meeting only once in a lifetime/ Treasure every encounter, for it will never recur.
  • 使い方 / 例文
    一期一会が大事だと思うので、旅先で会った人には必ず手紙を書くようにしている。
    ② 全ての出会いが一期一会であり、豊かな人生の糧になると信じています。
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す★★★ 書く★★★
  • この四字熟語の連想キーワード:ONE PIECE
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=