【虚心坦懐】きょしんたんかい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[虚心坦懐]の意味です

  • 意 味:心にわだかまりを持たず、素直でさっぱりした気持ち。無心で平静な心境。偏見がなく、心を開いていること。
  • 由来 / 語源「虚心」は無心で、心にわだかまりがないこと。「坦懐」は平で、さっぱりしていておおらかなこと。
  • 英 訳:candor /open mind
  • 使い方 / 例文
    ① 人物を見極める上で大切なのは虚心坦懐にその人の話を聞くことだ。
    ② 小池知事は「利害関係者と虚心坦懐に話したい」と述べ、国と改めて協議する考えを示した。
  • 類義語:
    虚心平意(きょしんへいい)
    明鏡止水(めいきょうしすい)
    虚心平気(きょしんへいき)
    虚静恬淡(きょせいてんたん)
    虚無恬淡(きょむてんたん)
    枯淡虚静(こたんきょせい)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★★☆ 書く★★☆
  • この四字熟語の連想キーワード:ドラゴンボール
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=