【心頭滅却】しんとうめっきゃく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[心頭滅却]の意味です

  • 意 味:心の中の雑念を消し去ること。無念、無想の意。
  • 由来 / 語源:「心頭」は、こころ。頭は「・・・のあたり」という意味を添える接尾語。「滅却」は、滅ぼして消し去ること。
  • 【故事】「心頭を滅却すれば火もまた涼し」を略した言葉で、禅僧の快川が織田信長に寺を焼き討ちにされた際、燃え上がる山門でこの句を唱えたという故事から。
  • 英 訳:spiritual state of nothingness
  • 使い方 / 例文:
    ① 誰もを愛さず、それこそ心頭滅却に似た恬淡の心境だったのですが…(太宰治「風の便り」)
    ② 大正生まれの祖父は、猛暑日でも心頭滅却すれば火もまた涼し、と決してエアコンをつけなかった。
  • 類義語:
    則天去私(そくてんきょし)
    大悟徹底(たいごてってい)
    無想無念(むそうむねん)
    無念無想(むねんむそう)
    明鏡止水(めいきょうしすい)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=