【寒花晩節】かんかばんせつ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[寒花晩節]の意味です

  • 意 味:人間も老いはてるまで人としての節義を全うするたとえ。
  • 由来 / 語源冬の花がいつまでも香りを保っていることから。「寒花」は、冬に咲く花。冬に咲く花は、長い期間香りを保つということから、人生を終えるまで節義を保ち続けるということのたとえ。
  • 出 典:『宋名臣言行録』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文寒花晩節とは、生涯に渡って教え子たちの麗しい手本であった彼女のためにある言葉のようであった。
  • 類義語: 
  • 対義語: 
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=