【鶴立企佇】かくりつきちょ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[鶴立企佇]の意味です

  • 意 味:心から待ち遠しく思うこと。待ち望むこと。
  • 由来 / 語源鶴が首を伸ばし、つま先立って何かを待ち望む姿のように見えることから。「企」は、つま先立つこと。略して、「鶴企(かっき)」「鶴首(かくしゅ)」「鶴望(かくぼう)」ともいう
  • 出 典:『魏志』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文老執事は、若き当主が留学から無事に戻るのを、鶴立企佇して待ち続けた。
  • 類義語:
    延首鶴望(えんけいかくぼう)
    延首挙踵(えんけいきょしょう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2019年版=

       
       



[2019年] 関連リンク

2019年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2019年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2019年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2019年の干支(亥年/猪)の四字熟語一覧
2019年の《人生運》を四字熟語で占おう