【開闢草昧】かいびゃくそうまい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[開闢草昧]の意味です

  • 意 味:天と地が創造されたばかりで、世の中が未開である状態。また、国が未開発で、文明や秩序が整っていないこと。
  • 由来 / 語源「開闢」は、天と地が初めて出来たとき。世界の始まりの時。「草昧」は、まだ世が開けきらず、秩序が整っていないこと。
  • 出 典: 
  • 英訳 / 英語: 
  • 使い方 / 例文而して開闢草昧の世には、人民皆事物の理に暗くして外形のみに畏服するものなれば、(福沢諭吉『文明論之概略』)
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=

       
       



[2022年_令和4年] 関連リンク

2022年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2022年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2022年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2022年の《人生運》を四字熟語で占おう