【一日三秋】いちじつさんしゅう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一日三秋]の意味です

  • 意 味:相手に対する情愛のほどが非常に強いことのたとえ。また、ある物事や人が、早く来てほしいと願う思いが深いこと。
  • 由来 / 語源「三秋」は、三度の秋を経ることから、三年の意。「いちにちさんしゅう」とも読む。一般には、「一日三秋の思いで待つ」と用いる。
  • 出 典:『詩経』
  • 英訳 / 英語:(waiting) impatiently / (spending) many a weary day / each moment seeming like an eternity
  • 使い方 / 例文:妻は夫の出所日を一日三秋待ち続けている。
  • 類義語:一日千秋(いちじつせんしゅう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう