【一文不通】いちもんふつう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一文不通]の意味です

  • 意 味:無学で文字を知らないこと。
  • 由来 / 語源「一文」は、一つの文字。「不通」は、理解できないこと。
  • 出 典: 
  • 英訳 / 英語:
  • 使い方 / 例文私は御当家様へ奉公に来て、一文不通の木具屋の忰が、今では何うやら斯うやら手紙の一本も書け、(三遊亭円朝『菊模様皿山奇談』)
  • 類義語:
    無学浅識(むがくせんしき)
    無学無識(むがくむしき)
    無学無知(むがくむち)
    無学文盲(むがくもんもう)
    無知愚昧(むちぐまい)
    無知蒙昧(むちもうまい)
    一字不識(いちじふしき)
    一文不知(いちもんふち)
  • 対義語;
  • 漢字検定出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう