【雲雨巫山】うんうふざん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[雲雨巫山]の意味です

  • 意 味:男女の情事。
  • 由来 / 語源「雲雨」は、雲と雨。「巫山」は、現在の中国四川省巫山県にある山。
  • 【故事】中国の戦国時代、楚の懐王が昼寝の夢の中で、巫山の神女と情を交わした。別れ際、神女が「私は、朝には朝雲となり、暮れには行雨となりましょう」と言ったという故事による。「巫山雲雨(ふざんうんう)」
  • 出 典: 李白 『清平調』
  • 類義語: 朝雲暮雨(ちょううんぼう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう