【雲水行脚】うんすいあんぎゃ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[雲水行脚]の意味です

  • 意 味:僧が所を定めず、全国各地を歩きながら修行をすること。
  • 由来 / 語源「雲水」は、雲や水のように一か所にとどまらず各地を歩き回る修行僧。「行脚」は、禅僧が修行のために旅行すること。また、徒歩で諸国を旅行すること。
  • 出 典: 
  • 英訳 / 英語:itinerant monk being on pilgrimages to many lands
  • 使い方 / 例文一所不住の沙門雲水行脚の衲僧は必ず樹下石上を宿とすとある。(夏目漱石『吾輩は猫である』)
  • 類義語:
    一所不住(いっしょふじゅう)
    雲水不住(うんすいふじゅう)
    樹下石上(じゅげせきじょう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=