【寒山拾得】かんざんじっとく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[寒山拾得]の意味です

  • 意 味:中国唐代中期の寒山と拾得の二人の高僧。
  • 由来 / 語源「寒山」「拾得」は、奇行が多く、詩人としても有名だが、その実在すら疑われることもある。拾得は天台山国清寺の食事係をしていたが、近くの寒巌に隠れ住み乞食のような格好をした寒山と仲がよく、寺の残飯をとっておいては寒山に持たせてやったという。また、この二人は文殊菩薩、普賢菩薩の生まれ変わりといわれる。画題としてもよく用いられる。「拾得」は、人名として「じっとく」と読むのが慣用。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:『高僧伝』
  • 使い方 / 例文:また、寒山拾得の如ごとく、あまり非凡な恰好かっこうをして人の神経を混乱させ圧倒するのも悪い事であるから、(太宰治 『服装について』)
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=