【雅俗折衷】がぞくせっちゅう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[雅俗折衷]の意味です

  • 意 味:風雅なものと卑俗なものを交ぜ用いること。また、文語体と口語体を適宜交ぜた文。小説などで、地の文は上品で優美な雅文、文語体を用い、会話文は口語体を用いるいわゆる雅俗折衷文のこと。
  • 由来 / 語源明治時代初・中期に発達した。先駆けとして井原西鶴などがあり、坪内逍遥などが提唱した。
  • 英訳 / 英語:blending of the classical and colloquial styles
  • 使い方 / 例文我が国にていにしえより小説に用い来りし文体は一定ならねど、要するに雅と俗と雅俗折衷の三体の外にはあらじ。(坪内逍遥「小説神髄」)
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう