【画脂鏤氷】がしろうひょう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[画脂鏤氷]の意味です

  • 意 味:内実がしっかりしていないのに外側、外面を飾っても無駄であるたとえ。また、苦労し努力しても効果のないたとえ。
  • 由来 / 語源力を無用なところに用いること。あぶらに画えがき氷に彫刻する意から。「脂」はあぶら。「鏤」はほる、刻みつける意。「画」は「かく」とも読む。「氷」は「冰」とも書く。「脂あぶらに画えがき氷こおりに鏤(ちりば・きざ)む」と訓読する。
  • 出 典:『塩鉄論(えんてつろん)』殊路(しゅろ)
  • 使い方 / 例文不潔な部屋に、高価なインテリアを置いたところで、画脂鏤氷でしかない。
  • 類義語:
    雕氷画脂(ちょうひょうがし)
    鏤氷雕朽(ろうひょうちょうきゅう)
  • 対義語: 
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう