【画蛇添足】がだてんそく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[画蛇添足]の意味です

  • 意 味:余計にものを付け足した結果、全体が駄目になってしまうこと。無用なもののたとえ。
  • 由来 / 語源【故事】 故事:昔、中国で仲間より先に蛇を描きあげた男が、時間があるものだから足を描き足してしまい、褒美の酒を手に入れ損なったという。「画蛇」は「がじゃ」とも読む。一般的に「蛇足」という形で使われることが多い言葉。「蛇を画きて足を添う」とも読む。
  • 英訳 / 英語:making an unnecessary addition (to) / gilding the lily
  • 使い方 / 例文慣れないお洒落をしたものだから、画蛇添足が行き過ぎて、化け物のようになったと言われた。
  • 類義語:
    為蛇画足(いだがそく)
    為蛇添足(いだてんそく)
    妄画蛇足(もうがだそく)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう