【寒江独釣】かんこうどくちょう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[寒江独釣]の意味です

  • 意 味:雪の降る冬の川で一人釣りをすること。また、その人の姿。
  • 由来 / 語源唐の柳宗元りゅうそうげんの「江雪(こうせつ)」の詩で詠うたわれたもの。多くの画題となっている。
  • 英訳 / 英語:
  • 出 典:柳宗元(りゅうそうげん)「江雪(こうせつ)」(詩)。「孤舟蓑笠(さりゅう)の翁、独釣寒江の雪」
  • 使い方 / 例文真冬に寒江独釣を気取ってみたが、鼻水が出ただけだった。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2022年版=