【挙棋不定】きょきふてい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[挙棋不定]の意味です

  • 意 味:物事を行うのに一定の方針がないまま、その場その場で適当に処理するたとえ。また、物事を行うのになかなか決断できないことのたとえ。
  • 由来 / 語源:「挙棋」は囲碁の石をつまみあげること。「不定」はこれからどうするか決まっていないこと。囲碁の石を持ったが、どこに打つか決められないということから。「棋を挙げて定まらず」とも読む。
  • 英訳 / 英語: 
  • 出 典:『春秋左氏伝』襄公(じょうこう)二五年
  • 使い方 / 例文進路を決めろと周囲にいくら急かされても、彼は挙棋不定のままであった。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2021年版=

       
       



[2021年_令和3年] 関連リンク

2021年に座右の銘にしたい四字熟語一覧
2021年に年賀状に書きたい四字熟語一覧
2021年に書き初めに書きたい四字熟語一覧
2021年の丑年(うしどし)の四字熟語一覧
2021年の《人生運》を四字熟語で占おう